見逃したドラマ

リーガルV 第3話を見逃した方に!あらすじと感想まとめ

投稿日:

テレビ

弁護士資格をはく奪された過去を持つ小鳥遊(米倉涼子)があまりパッとしない弁護士たちや問題有りパラリーガルたちを集め、管理人だか事務所長だかよくわからない立場のままスタッフたちをこき使う・・・

「だって私、弁護士資格ないんだもん。」の一言で自分はふんぞり返っているのが、それでも魅力的な米倉涼子主演の秋ドラマ。早くも3話目の放送です。

「リーガルV」第3話あらすじ

絶対に負けそうな殺人事件

ヤメ検弁護士の大鷹(勝村政信)の案件は、今注目の殺人事件でした。事務所の宣伝になればと強引の乗っかる京極弁護士事務所。しかし状況は最悪で。

妻を殺害した容疑の男、浅野はアリバイを主張するが言っていることはいい加減で全く信用できません。恩師と会ったという証言も恩師の方は知らないというし。逆にネットには容疑者浅野を現場で見たという証言や果てはネットに浅野が写った写真まで。

どうにも分が悪い中、小鳥遊たちは目撃証言が服による思い込みが多いことを証明、浅野のアリバイを否定していた恩師の蟹江(岡本信人)も実は、不倫している最中だったのでうそをついていることをつきとめます。

やっぱり暗躍する天馬弁護士会会長

不倫がばれて家庭が壊れることに躊躇する大鷹は違う方法で裁判に勝つ方法を探ります。そうは言っても、他に打つ手はないと癇癪を起す小鳥遊。一方で大手弁護士事務所代表の天馬(小日向文世)は大鷹を引き抜こうとアプローチします。

大鷹が欲しいというよりも、昔、部下として所属していた小鳥遊が気になってい仕方がない様子です。

絶対絶命の裁判当日、証拠としてネットにアップされていた写真が偽造であることを突きつけることはできた大鷹ですが、蟹江は容疑者浅野のアリバイをきっぱりと否定します。しかし、その時、蟹江の奥さんは傍聴席から声を上げるのです。「不倫のことは知っていると」

「リーガルV」第3話を見た感想

ちょっといいとこ見せた大鷹弁護士

第一話より恩師京極(高橋英樹)の人のよさを心配して出入りしていた大鷹です。京極が小鳥遊にいいように利用されているのではないかと。まあ、それは正解なのですが。あまり信用できない、かなり頼りにならない大鷹弁護士のちょっといいとこ見せてもらえた回でした。

蟹江の不倫の追及することに躊躇するのは、小鳥遊があきれた通り、いい人なんだか能力がないのかよくわかりませんが。なにわともあれ、絶対絶命の裁判を見事に気持ちよく引っ繰り返してくれました。

奥さんに逃げられ、バイトで清掃員をする弁護士が本当にいるのかは置いておいても、娘と抱き合うラストはよかったですね。さて、暗躍する天馬率いる大手弁護士事務所ですが、小鳥遊とのいきさつはまだ語られません。

元弁護士小鳥遊(米倉)の過去に何があったか、個人的には、あまり引っ張らずに早めにすっきりさせてほしいです。

最後に第3話をまとめた感想

「向井理の出番は?」

-見逃したドラマ

Copyright© はじめてのVOD , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.